大阪司法書士政治連盟
〒540-0019 大阪市中央区和泉町1丁目1番6号 大阪司法書士会館内
 

2019年9月4日更新




トップページ・新着
活動経過報告
役員
リンク

大阪司法書士
政治連盟の
しおり

 

TOPIC

司法書士政治連盟戦いの歴史
<司法書士政治連盟50周年記念発刊>

 



   
 

司法書士法・土地家屋調査士法改正「記念事業」の開催

司法書士法・土地家屋調査士法の改正に伴う標記「記念事業」を下記日程にて開催いたします。

・日 時  令和元年11月1日(金)午後5時から

・場 所  大阪キャッスルホテル

・テーマ     「次なる法改正へ」
    ―令和元年法改正の意義と登記制度の未来―


・内 容
      第1部:記念講演

      第2部:記念祝賀会(国会議員出席)

・共 催  大阪土地家屋調査士政治連盟(予定)




第25回参議院議員通常選挙の結果

令和元年7月4日(木)告示、21日(日)投開票の第25回参議院議員通常選挙において、当連盟が推薦した候補者と選挙結果は下記の通りです。

【当連盟から推薦した候補者】

・自民党  太田房江議員(当選)、尾立源幸議員(落選)

・公明党  杉ひさたけ議員(当選)、山本かなえ議員(当選)

・日本維新の会  東 徹議員(当選)




司法書士法改正と民間業者による
WEBを通した商業登記書類作成サービスについて
国会議員事務所への陳情

 令和元年4月16日から4月27日にかけて、大阪選出の衆参国会議員41名の大阪事務所を、政連役員と本会グレーゾーン解消制度対応ワーキングチーム構成員述べ38名で陳情訪問を行った。

平日はさすがに議員本人が不在で秘書相手の対応となったが、司法書士法改正が何としても今国会で成立すること、民間業者による商業登記書類作成が司法書士法に抵触して違法と判断されると強く陳情した。議員や秘書さんも、民間業者が商業登記書類を作成することに懸念を示された。

また、この運動に多大なエネルギーを要することから、会員の皆様の事務所等を廻って温かいカンパを頂戴したことは、司法書士会員によっては業績が盛業とは言えない状況下、ご無理をお願いすることになりただただ感謝有るのみです。
まだこの運動は続きますので、引き続きのご支援をよろしくお願いい申し上げます。

(速報)
司法書士法改正は、6月6日に衆議院本会議において全会一致により可決され、法案は成立しました。




第58回定時大会の開催

 令和元年4月6日(土)午後3時から、大阪キャッスルホテルにおいて、第58回定時大会を開催した。

山本英樹会員(天王寺支部)の議長のもと、全議案が承認された。役員改選では、西村会長再選ほか全役員が決定就任した。

大会終了後の懇親会では、大西宏幸議員、左藤章議員、中山泰秀議員(秘書)、大隈和英議員(秘書)、とかしきなおみ議員(秘書)、長尾敬議員(秘書)、原田憲治議員(秘書)、太田房江議員、松川るい議員(以上自民党)、北側一雄議員、佐藤茂樹議員、伊佐進一議員、杉久武議員(秘書)(以上公明党)、平野博文議員(国民民主党)、酒井日司政連副会長、長田弘子大阪会会長など多数の来賓を迎えた。
各議員は、統一地方選のさなかにお越しいただき、挨拶を終えるや否やそれぞれの応援地へ向かわれた。大会・懇親会に参加された会員の皆様に厚く御礼申し上げます。

大西衆議院議員
(自民党)
松川参議院議員
(自民党)
太田参議院議員
(自民党)
左藤衆議院議員
(自民党)
安井幹事長
(日本司法書士
政治連盟)
佐藤衆議院議員
(公明党)
北側衆議院議員
(公明党)
伊佐衆議院議員
(公明党)
平野衆議院議員
(国民民主党)



司法書士制度推進議員連盟会長来館

 令和元年4月5日(金)当会館に司法書士制度推進議員連盟会長河村建夫衆議院議員が来館され、政連から西村会長、黒河副会長、水口副会長、上本副会長、西村副会長、大谷幹事長、石川副幹事長、坪山副幹事長、上本博慶会員、本会から長田会長、谷副会長、深田広報部門担当常任理事、日司連から山内副会長が対応した。




「平成31年度政策要望」「平成31年度司法書士法改正要望」

平成31年度政策要望 及び 平成31年度司法書士法改正要望 を掲載します。
司法書士法改正まで、もう一息です。

平成31年度政策要望(別ウィンドウで開きます)

平成31年度司法書士法改正要望(別ウィンドウで開きます)


不動産登記制度について大阪土地家屋調査士政治連盟と
合同勉強会を開催

 平成30年10月19日(金)午後4時から、中之島LOVE CENTRALにおいて、当政治連盟と大阪土地家屋調査士政治連盟の共催による、大阪選出国会議員を対象とする、不動産登記制度についての勉強会を開催した。
 第二部の懇親会を通じて17名の国会議員が参加され、秘書の代理出席者も6名参加された。

 第一部の勉強会は、まず、調査士政治連盟中島宗コ副会長および西村右文副会長が「土地家屋調査士制度と未登記建物解消について」をテーマに、土地家屋調査士制度についての最近の事例、不動産登記法上の義務、地方公共団体所有の建物の登記、調査会の取り組み等の講義を行った。
 続いて、山内鉄夫日司連副会長(政連顧問)から「所有者不明土地と不動産登記制度について」をテーマに、現状の問題と今後の取り組みについて、不動産登記制度の活用等につき講義がなされた。
 勉強会の最後は、調査士政治連盟加藤幸男会長、中林邦友副会長から、「不動産登記法に基づく登記に伴う報酬の明示について」をテーマに、報酬に関する経緯と明示が必要であるとの熱き思いが縷々語られたが、この思いが、公正取引委員会を凌駕する国会議員の動きにつながることを期待したい。

 第二部は懇親会が行われ、出席された国会議員からそれぞれの感想をいただいたが、第一部の講義はおおむね好評で、不動産登記制度について、その重要性をあらためて認識したとの発言をいただき、また、今回の調査士・司法書士が共催する勉強会が初めてであったことに驚かれた議員も多く、是非継続するようにとの発言に、今回の勉強会が有意義であったと認識し、第二回勉強会に繋げていけるようにと思いを持った。

調査士政治連盟
との勉強会

左から
西村政連会長
山内日司連副会長
北側一雄衆議院議員
左藤章衆議院議員
大隈和英衆議院議員 いさ進一衆議院議員



研修会「男女共同参画社会における司法書士」の開催

 平成30年9月15日(土)司法書士会館において、大阪司法書士政治連盟主催、大阪司法書士会後援の標記研修会を開催した。

講師は、自民党松川るい参議院議員。会員82名の出席のもと、男女共同参画及び働き方改革を通じて、日本の家庭内と労働現場での問題、これからの課題等について具体的に講義され、受講者は、自らの意識改革の必要性を感じた研修会であった。
 第二部で、増田正子会員のコーディネーターのもと、パネラーに松川るい議員、西山弓子日司連プロボノ活動推進委員会委員長、岡部良子大阪青年司法書士会員が登壇しパネルディスカッションが行われた。増田コーディネーターの巧みな進行で活発な議論が交わされた。
反省点としては、時間が短かったために、登壇者が充分に意見を述べることができず、不完全燃焼であった。
 閉会後、懇親会を開催したところ、36名の出席があり、意見交換が活発に行われた。

 研修会、パネルディスカッション、懇親会を通して、研修の冒頭会長挨拶にあった「女性に優しいセイレン」が認識されたのであれば、これから政連本部への女性役員の登用が期待される。




過去の活動内容はこちら

 

 

 

(C) Copyright 2006 大阪司法書士政治連盟 All rights reserved. 無断転載不可